ゼニカルというダイエットに効果があるお薬があります。しかしこの薬、実は心配な副作用があるという情報がネットには溢れています。実際に、ゼニカルにはどのような副作用があるのでしょうか、見ていきましょう。

ゼニカルの副作用で怯える女性

ゼニカルでヒップを小さくし、アプリでダイエット効果

ゼニカルは、食後1時間以内に服用するだけでダイエット効果が安全に得られるダイエットサプリなので、最近ではゼニカルを使ったダイエットでヒップを小さくしたり、ダイエットアプリでダイエット効果を実感している女性が増えています。
ゼニカルは、米国のFDAが承認している高度肥満治療に用いられている医薬薬であり、医師の処方箋無しで日本のドラッグストアや調剤薬局などで買う事が出来る手軽な医薬品です。
ゼニカルの主成分オルリスタットは、水に対して不溶性の白色~半透明の酸性解離定数を持たない結晶粉末であり、藍色の硬いゼラチンカプセルに微結晶セルロースやラウリル硫酸ナトリウムなどと共に内包されています。
ゼニカルの作用機序としては、胃と腸などの消化液に含まれる消化酵素リパーゼの活性セリン残基と共有結合する事でリパーゼを不活性化し、飲食により摂取される脂肪を脂肪酸やモノグリセリドに加水分解される作用を抑制します。加水分解されなかった摂取脂肪は、消化器官で分解及び吸収される事無く排泄され、約3割の摂取カロリーを減らす作用を示します。又、体内の脂肪の吸収を鈍化させる事により、体内で生成されない脂肪の吸収を防ぐので基礎代謝が下がり、更にダイエット効果を高めています。ゼニカルは、薬物依存症リスクの高い食欲抑制剤の様に脳の中枢神経に作用する事無く、体内代謝はほとんどが胃腸壁で行われ腎臓への蓄積は2%以下とされ、3日~5日で全てが便や尿として体外に排出されます。その為、副作用や薬物依存症が少なく安全性が高いとして、長期にわたる服用が可能な医薬品です。しかし、日本での服用は処方箋薬の為に、保険適用外の自由診療もしくは個人輸入となり、個人輸入による服用は副作用被害救済制度の適応外になってしまいます。