ゼニカルというダイエットに効果があるお薬があります。しかしこの薬、実は心配な副作用があるという情報がネットには溢れています。実際に、ゼニカルにはどのような副作用があるのでしょうか、見ていきましょう。

ゼニカルの副作用で怯える女性

ゼニカルのせいで生理が止まるのではなく体型の変化で

ダイエットといえば食事制限という考え方が定着しています。確かに高脂肪・高カロリーな食事ばかりをしていれば、当然カロリーオーバーとなってしまい体重は増える一方です。ですが、過度に食事を制限するダイエットは体に大きな負担となります。また、食事を我慢するという大きなストレスから、暴飲暴食をしてしまいがちです。食べつつ痩せるという事が、ストレス無くダイエットを成功させる秘訣と言えるでしょう。ゼニカルという肥満治療薬は、しっかり食べつつダイエットできる夢のような薬です。リパーゼという酵素の働きを抑制する有効成分が含まれており、服用する事で食事の約30%分もの脂肪吸収をカット出来ます。これだけの脂肪が体に吸収されないので、大幅に摂取カロリーをカット出来るのです。ダイエット中でも色々な食事が出来るので、ゼニカルを活用する方は増えています。ただ、ゼニカルでダイエットをした女性の中には、生理が止まってしまったという方もいるようです。実際、副作用として生理が止まってしまう事はあるのでしょうか?ゼニカルの副作用には下痢やビタミン不足などが挙げられます。また、稀にですが肝機能障害や腎機能障害が、起こる事もあるようです。生理が止まってしまうという副作用は、ゼニカルを服用したから起こるのではなく、ダイエットで体重が急激に落ちた事で起こると考えられます。どのようなダイエット法でも体重が急に減ってしまうと、女性ホルモンバランスが崩れ、生理が止まってしまうケースがあるようです。過度な食事制限をしつつゼニカルを服用すると、大幅に必要な栄養素が不足し、生理が止まったり生理不順が起こりやすくなります。健康的に痩せる為には急激に体重が減少しないよう、服用を見極める事が大切です。