ゼニカルというダイエットに効果があるお薬があります。しかしこの薬、実は心配な副作用があるという情報がネットには溢れています。実際に、ゼニカルにはどのような副作用があるのでしょうか、見ていきましょう。

ゼニカルの副作用で怯える女性

ゼニカルの副作用を少なくする服用方法

食べても太り難い体質になりたい・・と考えた事がある方も多いのではないでしょうか。このような夢のような話を叶えてくれる、肥満治療薬があります。その肥満治療薬は「ゼニカル」というもので、海外では肥満の治療として処方されている内服薬です。錠剤となっており服用すると、食事で摂った脂質の約30%分の吸収をカットできます。なぜ、脂質の吸収をこれだけ抑えられるのかというと、含まれている有効成分に秘密が隠されています。ゼニカルの有効成分はオーリスタットというものです。オーリスタットはリパーゼという酵素の働きを、抑制する作用があります。食事で摂った脂質は、そのままだと分子が大きすぎるので腸で吸収できません。リパーゼが細かく分解して、初めて吸収されるようになるのです。リパーゼの働きを抑えるゼニカルを服用すれば、脂質が大きいままなので吸収されません。ですので30%もの脂質の吸収をカットできるのです。ただ、ゼニカルも医薬品ですので、当然副作用のリスクはあります。重大な副作用は報告されていないものの、肌がカサカサになる下痢をするといった症状を起こすケースがあります。このような副作用を起こさないように、服用の際はちょっとした工夫を行いましょう。肌がカサカサになってしまうのは、ビタミン類も脂質と一緒に排泄されてしまうからです。特に脂溶性ビタミンのビタミンAやビタミンEは、ゼニカル服用中に不足してしまいがちです。肌トラブルを予防する為に、野菜などを多めに摂る、ビタミン剤を活用するといったケアが必要です。下痢は脂質の吸収がカットされ、便に多くの脂質が含まれる事で起こります。下痢が続く際は半分だけ服用する、また脂質の量が少ない食事の時は服用を止めると下痢になりにくいでしょう。