ゼニカルというダイエットに効果があるお薬があります。しかしこの薬、実は心配な副作用があるという情報がネットには溢れています。実際に、ゼニカルにはどのような副作用があるのでしょうか、見ていきましょう。

ゼニカルの副作用で怯える女性

ダンベル・食事メニュー見直し・ゼニカルでダイエット

綺麗に痩せるには筋肉をつけつつ、脂肪を落とす事が大切です。
筋肉をつける事によって引き締まるだけでなく、新陳代謝がアップし痩せやすい体質に変わります。
筋肉トレーニングにおすすめなのが、ダンベルです。
ダンベルを使う事によって、主に上半身の筋肉を鍛えられます。
特に脂肪がつきやすい二の腕は、ダンベルで鍛えるとキュッと引き締まるのでおすすめです。
また、より筋肉をつけ脂肪を落としやすくなるよう、食事メニューの見直しはダイエットの基本です。
ダイエット中はとにかく摂取カロリーを減らそうとして、サラダなど偏った食事をしてしまうケースも少なくありません。
野菜も意識して補いたい食材ですが、野菜ばかり食べ続けていると、他に必要な栄養素が不足してしまいます。
筋肉を作るにはタンパク質が必要不可欠です。
サラダのみの食事だと、タンパク質が不足してしまい、いくらダンベルでトレーニングしても筋肉量が、増えないという事になってしまうので注意しましょう。
ただ、ダイエット中でも揚げ物など脂っこい食事がしたい、付き合いで外食が多いといった事もあるでしょう。
このような時はゼニカルで、ダイエットをサポートする事をおすすめします。
ゼニカルは肥満治療薬の1つです。
リパーゼという酵素の働きを抑制する働きがあります。
リパーゼの働きが悪くなると、食事に含まれる脂質の吸収が阻害されるのです。
ゼニカルを服用した場合、脂質を約30%分もカット出来ます。
これだけの脂質の吸収を抑えられるので、脂っこい食事をしても太り難くなるのです。
もちろん、食べ過ぎてしまうとカロリーオーバーとなってしまいますが、ゼニカルを服用しておけば通常よりも太り難くなります。