ゼニカルというダイエットに効果があるお薬があります。しかしこの薬、実は心配な副作用があるという情報がネットには溢れています。実際に、ゼニカルにはどのような副作用があるのでしょうか、見ていきましょう。

ゼニカルの副作用で怯える女性

中年ダイエットにお勧めEICO式メソッドとゼニカル

中年以降になるとダイエットをしても、なかなか体重や体脂肪が落ちなくなります。
これは加齢によって新陳代謝が低下する為です。
ダイエットをしても成果を感じられない場合、挫折してしまうケースも少なくありません。
中年以降のダイエットを成功させるには、効率的に痩せられる方法を取り入れる事が大切です。
おすすめなのが、EICO式メソッドです。
このダイエット法はご自身も20キロのダイエットに成功した、EICOさんが考案したダイエット法を取り入れるものです。
700人以上もの方を痩せさせた経験から、効率的なメソッドを提案しています。
難しい方法や特別な道具は使わないので、続けやすいダイエット法と言えるでしょう。
また、新陳代謝が低下して脂肪を溜め込んでしまう、中年以降のダイエットにはゼニカルもおすすめです。
ゼニカルは肥満薬治療薬として、海外ではクリニックでも処方されています。
肥満治療薬には脳に作用して食欲を抑えるものが多いのですが、このゼニカルは直接脂肪の吸収を抑える事でダイエット効果を発揮します。
太ってしまう原因の1つには、脂肪分の取り過ぎが挙げられます。
脂肪は高カロリーなので、多く摂りすぎてしまうと、どうしても体脂肪・体重共に増加してしまいがちです。
ゼニカルはリパーゼという酵素の働きを抑制し、脂肪の吸収を約30%分カットします。
食事の度に3割もの脂肪が、体外へと排泄されるので、高脂肪の食事を摂ったとしても太り難くなるのです。
もちろん、適度な運動を行えばさらに体脂肪も減らせ、健康的にダイエット出来ます。
美味しいものを食べつつ楽しくダイエットしたいという方に、ゼニカルを取り入れたダイエット法はおすすめです。